hoseisyosiのブログ

50歳を機に何かしたいと思いブログをはじめました。晩婚男、やっと子育て中です。みなさんの役に立てること書けたらいいな。

探してみたら良いこともあるね

晩婚良いこと探しも2回目です。良いことは、それぞれ関連した感じになりますね。

 

◯これまで関心なかった事に関心が持てるようになった

 

一番大きな事は家計の事ですね。これまでもあまり使う方じゃなかったし、ある程度必要と納得しないと買い物しないタイプだったので、浪費は全くしませんでした。でも、しっかり意識を持つと、それでも無駄な事もいっぱいありました。

何より、お金の面は中心になりますが、生活関連の事に関心を持ち出すと、色々な事を知ることができて、却って楽しいです。

結果、生活スキルも上がったと思います。保険、年金、運用、ニーサ、イデコ、クレジットカード、預金口座など、色々と調べて見直したり、加入したりしました。結構、この蓄積も大きいと思います。それと、このテーマの派生ですが

 

◯役所などの手続きが苦ではなくなった

 

というのもあります。家に来る郵便物も目を通すようになったので、プレゼントの申し込みが期限切れに‼︎という事態もなくなりましたね。

 

人によっては、それってメリットか⁉︎という内容だったかも知れませんが、私にとってはとても良かったと思います。個別具体的な事はこれからということで、晩婚のメリット、デメリットというテーマは、これで終了したいと思います。

晩婚してもいいことあるよと言ってみたいけど

 前回の続きです。晩婚になってしまった人、アラフォーで婚活をしている人にも
勇気を与えるようなことを探してみたいと思います。

○やっぱり経験面かな。
  ⇒婚活、結婚、子育ては、これまで実家暮らしで「子ども部屋のおじさん」
   よろしく、両親のお世話でだらだらと過ごしていた身には、とても大きな
   変化で、大変だったことも多かったですが、これまで以上に、本当にたくさん
   の経験ができたので良かったと思います。視野も広がったし、この年で、
   いまさらながら新鮮な時間を過ごせています。

○生活力が上がった。
  ⇒実家では何もしていませんでした。家事など全くですね。婚活を始めた
   理由の一つが「結婚して家事を奥さんにやってもらいたい」でもありました。
   ところが、そんな甘いものではなく、子どもができると家事をしない訳には
   いかなくなりました。でも、やってみたらできるものです。今のところ、
   できないのは、難しい洗濯ぐらいでしょうか。
   料理なんかも、結構何とか食べることができるものが作れるようになりました。
   結構楽しいです。
   これで一人になっても、死ぬことはないでしょう。

 まだ何とか思いつきますので、以降は次回に。

わざわざ晩婚しなきゃいいのではないかという話

 前回まで晩婚のデメリットを考えてみました。細かいことまで挙げると
キリがないので、デメリットはこれぐらいにします。
 ここで、反対にメリットも考えてみようかと思ったのですが、よく考えると、
40歳を過ぎて未婚なら、無理に結婚しなくてもいいのではないかという考えも
浮かびました。
 そう、わざわざこれまで書いたような難問を背負い込む必要はないわけです。
一人で気楽に過ごすのが一番です。

 という結論となっては身もふたもないので、そんな困難はあるけれど、40歳を
過ぎて、わざわざ結婚し、子育てして良かったなということをまじめに考えてみます。

○とりあえず人生がさみしいものではなくなった。
  ⇒まー、私は一人でも、飽かずに遊べたりするタイプなので、こちらの実感は
   薄いですが多くの方は、この辺りを実感されるのではないかと思います。
○親戚やら、職場やらの既婚者の話の輪に入れるようになった。
  ⇒独身時代を通じて実家暮らしでしたが、正月に親戚が集まって来るのが
   嫌でした。今の時代、そんな気にすることではないのですが。やっぱり、
   きょうだい、いとこみんな子どもがいたりするとね。

 誰にでも当てはまらない心理的な理由はこの辺りにして、以下は、実利として
何かないか考えてみましたので、次回から書いていきます。

晩婚ってデメリットばっかりなのかな の続き

 引き続きデメリットをあげてみましょう

【晩婚ならではのマネーライフに対応しないといけない】
 上で書いたことと関係ありますが、色々なライフサイクルを短期間で経験
することになるので、とにかくお金が必要な出来事が続きます。
 最近で言えば、幼稚園の授業料(というのかな?)は無償化でタダですが、入園に
あたって制服とか、教材とか、体操服も1セットだとまわらないし、スモッグとかも
購入しなければいけません。
おまけに、幼稚園推薦の教材とか本とか、出入りの写真屋さんが個人の
アルバムを作ってくれるよ(数万円)とか…。なんだかんだで幼稚園もお金がかかり
ます。
 時間の次は金ですね。
最も恐ろしいことは、定年後も数年間、大学の学費を捻出せねばならないので、
あっさりと隠居できないのではないかということです。
 健康で働くことができたらいいけど、そうでなかったらどうなる???
 もちろん、ネットやら雑誌に掲載されている、フィナンシャルプランナー
相談記事によくあります以下のようなアドバイスは実行できません。

⇒「子どもたちが成人独立し、また、住宅ローンも完済した後、定年までは
老後資金を貯めるラストスパート期間です」

 そんな期間ないし…。やっぱり、のんびりと老後を過ごすのは難しいかも。
こんな状況下では、晩婚者ならではのマネー戦略が必要かと思います。私も
色々考えて実行してみました。この辺りはいつか書きたいと思います。

 

晩婚ってデメリットばっかりなのかな

前回からの続きです

【結婚してからの人生の時間の件】
 前回書いたデメリットとリンクする部分もあるのですが、晩婚だとどうしても
結婚生活のライフサイクル期間がギュ〜っと短期間に凝縮されてしまいます。
言い換えると、結婚後の現役期間に人生のゆとり期間がないのではないかと。

 私の場合は…
  ○結婚1〜2年目 新しい生活を整え、それに慣れるため結構忙しい
  ○結婚約3年目 住宅購入 併せて妊活頑張り中
  ○結婚約5年目 子ども誕生  そこから子育て
  ○結婚約17年目(60歳くらい:昔の定年年齢) 子どもがやっと中学生
  ○結婚約23年目(65歳くらい:定年) 子どもがやっと大学生
 子育てと老後が直結しているとも言えます。とても駆け足です。子どもが独立
してから後期高齢者までは10年もありません。すぐ自分の介護が発生するかも。

 まー、個人的には、結婚後、もう少し長く妻と2人で遊んだり、旅行したり
といった時間が欲しかったと感じます。新しい生活に慣れてきたと思ったら、住宅
購入や妊活もあって、ずっと生活に追われているなと思っていたら、とどめに
子育て!そして今に至るという状況です。
 せめて、のんびりした老後が欲しいですが果たして!?
独身の時は感じなかったですが、やっぱり時間は貴重ですね。

とりあえず晩婚がデメリットを書き出してみた


いきなり列挙していきます。あくまで私の経験なので、全部が全部他の方に
当てはまらないかも知れません。

【子どものこと】
 ちなみに出産時、妻は40歳でした。
 まずは、子どもができるか。できたらできたで高齢女性は流産の確率も高い
らしく無事産まれるか心配でした。
そして、安定期を迎えたとしても、健康に産まれるか、障害がないかと心配し
ます。
こうした問題がなく、生まれたとしても、高齢出産は発達、自閉症の確率が
高いとか言われると、その辺りも気になったりしました。
今も、ある程度成長しないとわからない発達系の何かがないかちょっと心配です。
 また、ずっと先を見通すと、子どもが大学に入学する頃に私は定年になり
ます(65歳定年として)。それまで、ちゃんと働いているのかもわかりません。
学費云々もそうなのですが、子どもが成人まで健康でいられるかどうかも
ちょっとわからないですね。
孫の顔…、は、見ることができたらラッキー程度に考えています。

【当然親は高齢者】
 子育ての応援は、殆ど期待できなかったです。介護も視野に入ってきますしね。
今、言われている「子育てと介護」が同時にやって来る“ダブルケア問題”という
のは、よく考えると晩婚者にとっては避けられない事態なのかも知れませんね。
 結局子どもの話になってしまいますが、私は結構色々子育て協力していますが、
親に頼れないと、とてもしんどいです。幸い、ウチは何とか妻が専業でもいける
状況だったのと、職場の理解があったので何とかなりましたが、共働きだったら
と思うと恐ろしい。

 

晩婚がデメリットだらけなのか考えてみる!の導入部

前回は重い話ですみませんでした。
 今回の話の前に、前回の後日談があります。子どもが3歳になった頃ですが、
反抗期に手を焼いた妻が「また赤ちゃんを育てたい」とか言い出しました。私は、
子どもが赤ちゃんの頃のミルク・おむつ地獄(=寝不足)を思い出して「勘弁して
ください」の心境だったのですが、「とにかく2人が考える限界年齢いっぱいまで
頑張って、ダメだったらあきらめよう」となりました。
 結局、子どもはできませんでした。産婦人科さんにタイミングを計ってもらった
り、妻は努力したようなのですが、2人で決めたタイムリミットとなってしまい
ました。
前回も3年ぐらいかかったので1年程度では無理だったかな、というのもあり
ますが、私のパワーも3年前より“衰えている”からではないかと思いました。
 婚活関係の掲示板などを覗くと「女性は35歳を過ぎると、妊娠確率が極端に
下がるから、子どもが欲しい男性は若い女性を希望する」というニュアンスの記事
をよく見ます。しかし、これは男性にも言えるのではないかと感じます。特に
45歳を過ぎると、普段の生活には支障ないものの、そっちの体力がみるみる
衰えていくように感じました。下世話な話になりますが、年齢とともに生殖能力
が落ちているのでしょうね(精子君の生命力も低下していたのではないかな)。
 こんな感じで、晩婚ってデメリットが多いのですかね?
 改まって考えたことがなかったので、次の記事以降考えてみたいと思います。
 なるほど、ブログを書くって言うことは、今まで考えなかったことを考えたり
調べたりする、いいきっかけになるような気がしてきました。